これからの明るい未来へ!

介護福祉士の特徴をご紹介

ママさん介護士が無理なく働ける職場の条件

2015-10-20 02:01:00Tag: >

結婚3年目、仕事と家庭の両立を目指して頑張っています。

ちなみに私の現在の頑張り具合を数値化すると、仕事8割に対して家庭が・・・2割くらい?正直、家庭に関しては手抜きです。主人から「旦那のお世話も同じくらい気合い入れてよ!」と冗談交じりにお願いされる度に、「仕事とプライベートはキッチリ分けるのが私のポリシーなの♪」と流しています。うん、本当に申し訳ない。今のところ主人と二人きりの生活だから何とかなってはいるけれど、そろそろ「介護福祉士の仕事を続けながら家事や育児をキッチリこなすには、どんな生活が望ましいのだろうか」とぼんやり考え始めたところです。

そんなわけで『ママさん介護福祉士が仕事を続ける上で抑えたい求人の条件』を考えてみました!

まず、真っ先に思い浮かべたのが『夜勤なし』という条件。
夜、お子さんの面倒を見てくれる方が他にいないという方においては外せないポイントですよね。夜勤専門のスタッフが在籍している施設では、日中のみという求人もそれなりにあるらしいですよ!もしくはデイサービスセンターなど、夜間はサービスを行っていない職場を選んでも良いですね。ただし、デイサービスは早朝出勤も多いので、朝に強い人じゃないと辛いかもしれません。

次に気になる条件は『土日祝休み』。
カレンダー通りに休日を取りたいという願いは、多くのママさん介護士が持っているのではないでしょうか。「両親と同居している、もしくは実家が近いから預け先に困らない」という恵まれた環境であれば問題ないのですが、保育園や学校との兼ね合いを考えるとできるだけ抑えたいポイントですよね。

更に付け加えるとすれば『急なお休みや早退にも柔軟に対応してくれる』という条件。
「うちの子まだ小さいから、しょっちゅう熱出すのよー」と、異業種の女友達がボヤいています。お子さんが小さいうちは、保育園からの呼び出しもしょっちゅうだとか。余程人手があり余っている職場か、もしくは同じ境遇のママさん介護士とフォローし合える職場であれば、上手く回せるかもしれません。でも、ただでさえ人手が少ないと言われている介護業界・・・休み辛いですよねー。

で、興味本位で求人サイトを眺めていたところ、これらの悩みを解消してくれる求人を発見しました!
ズバリ『託児所完備』。夢のような求人です。頑張って探せば『夜間・土日保育対応』『病児保育対応』という施設もあるではないですか。託児所を設けている職場はたいてい子育て支援が充実しているので、ママさん介護士が職場を探す上でのひとつの目安にもなりますね!

働き口を情報誌で一件一件探すのは心底骨が折れますが、近頃はインターネットの求人サイトで条件を絞り込めるからだいぶ楽になりました!今の職場は忙しい分やりがいがあるけれど、将来のことを考えると転職も視野に入れようかなと思う今日この頃です。私の場合は転職目線ですが、もしこれから介護福祉士を目指す!という方にはこちらのサイトをお勧めします。>>>http://xn--p8judc1lt62nmymgo7c8pah30k.com

コメントをどうぞ